建築実例29 建築実例29

フロアごとに趣の異なる3階建で
大人のアーバンライフを楽しむ

共働きで二人暮らしのS様ご夫妻が希望されたのは、
都会的で合理性のある間取りの家。
部屋を仕切る建具を少なくしてスムーズな動きを可能にし、
大きな窓から名刹の境内を借景にした居心地のよいお住まいが完成しました。

お住まいについて

東京都 S様

[家族構成]

2人(ご夫婦)

[延床面積]

151.94㎡

1階面積

52.51㎡

2階面積

52.51㎡

3階面積

46.92㎡

[主な仕様・設備]

快適エアリー

  • デシオ
  • 3階建て
  • 快適エアリー
  • 鉄骨系住宅

S様邸ムービー編

日当たりを約された地に
開放的な間取りの家を

お仕事のご都合で北海道から東京に移り住まれたS様ご夫妻。いずれ故郷に戻るおつもりで都心の賃貸マンションにお住まいでしたが、訳あって東京に留まることを決意され、マイホームのご購入を検討されることに。マンションや中古の戸建ても視野に入れていらしたものの、条件に合う物件が見つからぬうち現在の土地と巡り合われました。

「玄関側の道路が一方通行で道幅が保たれていましたし、何より南側がお寺に面していて今後も日当たりを遮られないことが気に入りました」(S様)
ご夫妻がお考えになったプランは吹き抜けがある開放的な間取り。ただ、間口が狭い敷地形状から、窓を大きく取って壁を少なくしても耐震性は大丈夫なのかが気になったそうです。
「何社か検討してセキスイハイムに決めたのは、ボックスラーメン構造のユニット工法が耐震性に優れていること、工期も早いこと、提案されたプランが私たちの考えていたものと合っていたからです」(奥様)

続きを読む >>

2階の快適エアリーが吹き抜けを通じて3階にも行き渡ります。暖かい空気は上に向かうので、3階が暖まり過ぎないよう天井のファンを回すこともあるそう。

道路側からの外観(左)と寺院側からの外観(右)。寺院側は大きな窓がひときわ目を引きます。

吹き抜けと大きな窓で
緑と空を感じられる空間

敷地形状を最大限活かすため1階にビルトインガレージを設け、メインの居住空間は2階と3階にしました。寺院に面した南側は、2階リビングと3階主寝室を吹き抜けで繋ぎ、窓を大きくとって緑と空を感じられる空間に。

「お寺は人通りも多くなく、朝晩はブラインドを開け放しても気になりません。街灯も少ないため星空が綺麗に見えます」(奥様)
吹き抜けによって建物全体がワンルームのようなイメージとなり、どこにいてもお互いの気配を感じられるそう。「それに、2階に設けた快適エアリーが吹き抜けを通じて3階も快適な温度に保ってくれます」(S様)
以前お住まいのマンションでは、部屋を仕切るドアをいつも開けていらしたS様ご夫妻。そのオープンなライフスタイルを維持したいというご要望から、間仕切り壁やドアは極力少なくしました。とくに2階は南側のリビングからダイニング、キッチン、そして北側にあるご夫妻の趣味のお部屋まで見通せます。「以前のキッチンは奥まっていて疎外感がありましたが、今は夫と会話を楽しみながら料理を作れますし、横一例のキッチンなので動きやすくなりました」(奥様)

続きを読む >>

LDK東側の壁にはプロジェクター用のクロスを採用しました。一般のクロスと比べて表面の凹凸が少ないため文字や画像、動画を綺麗に映すことができます。

使い勝手のよい横一列のキッチン。使用頻度の高いキッチンツールはフックで吊るして見せる収納に。奥様のセンスのよさで素敵にまとまっています。

キッチンの左には、奥様のご要望でパントリーをしつらえました。

2階LDKは北欧風の
ナチュラルテイスト

ワンルームのようなイメージでありながら、フロアごとに趣が異なるのもS様邸の特徴です。2階リビング・ダイニングはグリーンのアクセントクロスとお手持ちの木製家具で北欧風のナチュラルテイストに。センス溢れる絵画や小物の数々が空間を演出しています。

「図面を見ていたときは、こんなに間口が狭い家で生活できるのかなと心配していましたが、入居してみたらむしろ余裕を感じています。リビングにテレビがないから余計にそう感じるのかもしれません」(S様)
動画配信の視聴がメインで、テレビ番組はほとんどご覧にならないため、お引越しの際にテレビを処分されたそう。代わりに2階リビングと3階主寝室、1階和室の壁の一部をプロジェクター用クロスで仕上げ、どの階でも映像を楽しめるようにしました。

続きを読む >>

グリーンのアクセントクロスが印象的な北欧風のリビングダイニング。ピクチャーレールにかけられた絵画もお部屋のイメージと見事に調和しています。

2年前に亡くなった愛猫「わたこ」ちゃんの写真(左)。そこかしこに飾られた小物や絵画に猫をモチーフにしたものが多いのはお二人が猫好きのため。いずれまた猫と暮らすことをお考えです。

キッチンの側にある洗面台は、さりげなく置かれたドライフラワーの綿花と楕円形の鏡が印象的。

2階トイレのモルタル調クロスは、よく見ると猫の足跡がデザインされています。

北側にある趣味のお部屋。お二人でパソコンのゲームを楽しまれています。ここから南側のリビングまで隔てるものがなく、ワンルームのようなイメージ。

ホテルライクな3階には
バーコーナーを設けて

3階はダークブルーのクロスが目を引くホテルライクなフロア。隣家と接する東西には基本的に窓はありませんが、3階だけは主寝室の東側にも大きな窓をつけました。隣家が2階建なので3階なら目線が気になりません。

「小鳥の鳴き声で目が覚めますし、朝焼けがすごく綺麗です。まるでリゾートホテルに来ているみたいですよ」(S様)
中央にはバーコーナーとラウンジコーナーがあり、就寝前などにお酒やお茶を飲みながら寛いでいらっしゃるそうです。
北側は洗面脱衣室、浴室、トイレ、ウォークインクロゼットを集めたスペース。ご夫妻が旅先で宿泊されたホテルのイメージをもとに清潔感のある白で統一し、大きな洗面鏡と浴室の透明なガラス扉の効果で広々と感じられます。
窓側に室内干しスペースがあり、洗濯物が乾いたら目の前のクロゼットにしまうことができるので、お仕事と家事を両立されている奥様の時短に繋がっています。

続きを読む >>

ベッドの側にはバーコーナーとラウンジコーナーが。バーコーナーはお手持ちのワインセラーを中心に、隠す収納と見せる収納でメリハリを付けています。

バーコーナー

主寝室のアクセントクロスはシックなダークブルー。2階とは趣を変えてホテルライクな空間に。

吹き抜けの3階部分は東と南に窓を設けました。コーナー開口を取れるのもユニット工法ならでは。天気のいい日はベッドから朝焼けが見られるそう。

バスルームの大きさは以前のお住まいと変わらないものの、ガラス扉のおかげで広々と感じられるそう。

白を基調とした洗面脱衣室。窓側に洗濯機と室内干しのスペース、ウォークインクロゼットがあります。

来客時には、半透明のスライドウォールでウォークインクロゼットを隠すことができます。

飾り棚が目を引く
スタイリッシュな玄関

S様邸の顔となる玄関ホールは壁一面と床に砂岩調のタイルを貼り、正面の飾り棚と相まってスタイリッシュな雰囲気を醸し出しています。飾り棚の裏は5畳の納戸。登山やスキーがご趣味のご夫妻にとって、ガレージの車へ大きな荷物を出し入れするのに便利な収納スペースです。

納戸の奥、南側はセキスイ畳「MIGUSA」を敷いた和室。ゲストルームとしてお考えですが、普段は気分を変えてこの部屋でプロジェクターによる映像を楽しんだり、天気のよい日はテラスでティータイムを楽しんでいらっしゃいます。
「今日は1階のテラスでお茶を飲もう、今日は2階で映画を観よう、今日は3階でゆっくりしようと、日によっていろいろな楽しみ方ができます」(奥様)「だから、以前は休みになると出かけることが多かったんですが、今は家にいても全く飽きません」(S様)
居心地のよいマイホームが、S様ご夫妻の休日の過ごし方に少し変化をもたらしたようです。

続きを読む >>

正面の飾り棚が目を引く玄関ホール。土間収納を設けたことですっきりとした玄関を保てます。

ウッドデッキ風のタイルを敷いたテラス。借景の緑を感じながら憩いのひとときを過ごせます。

雨に濡れることなく愛車に乗降できるビルトインガレージ。

木目調の天井とセキスイ畳「MIGUSA」が和モダンなゲストルーム。布団収納のほかに畳下収納もあるのでスッキリと片付いています。

1階の廊下には、猫をモチーフにしたファブリックパネルが飾られています。

スキー板などを収納した納戸。

間取り図

間取り 間取り