実例 | 緑と光に包まれた邸宅でお気に入りの絵画に囲まれながら愛猫と快適に暮らす

神奈川県 K様 緑と光に包まれた邸宅でお気に入りの絵画に囲まれながら愛猫と快適に暮らす
新築

神奈川県 K様
家族構成:2人(ご夫婦)と愛猫1匹
商品タイプ:パルフェ

  • 延床面積:115.50㎡
  • 1階面積:60.15㎡
  • 2階面積:50.83㎡
  • PH面積:4.52㎡
  • 主な仕様・設備:太陽光発電4.32kW、快適エアリー

南西角地の好立地を活かし、大きな窓から陽光をたっぷり採り込むK様邸。
細部にまでこだわり、心地よさと使い勝手の良さを両立した理想のお住まいが愛猫との楽しく穏やかな暮らしを実現します。

K様邸ムービー編

工場見学と実邸見学で優れた性能を肌で実感

日当たりの良い南西角地を購入され、愛猫と一緒にシニアライフが楽しめる家を新築したいと思われたK様ご夫妻。まずは展示場に足を運ばれ、鉄骨系住宅を手がけるハウスメーカー4社を比較検討されました。
「セキスイハイムの住宅には、家じゅうをきれいな空気で満たす快適エアリー、美観を保てる磁器タイルの外壁などいくつも魅力的な要素がありました。」とK様。また奥様は、「生活動線でストレスを感じていること、家財が多くて片付ける場所がないことなど当時の家の不満点をお伝えしたら、すぐに家を見に来てくださり、それらを解決するプランを提案してくれたんです。」と、担当者の対応にも満足されたそうです。
ご契約前には工場見学と実邸見学会に参加され、建物の性能や住み心地を直接確かめられたとのこと。ご夫妻から「安心してお任せできる。」と太鼓判を押していただき、理想の住まいづくりがスタートしました。

神奈川県 K様邸

日当たりの良い窓際は愛猫のお気に入りスポット。

寛ぎ感溢れる畳敷きのリビング

お住まいの顔となる玄関ホールは、正面に配置したお手持ちの絵画と背の高い花器がフォーカルポイントに。壁にあしらったエコカラットには消臭・調湿効果もあり、爽やかな空気でお客様をお迎えできます。また、K様のご要望でシューズクロゼットの上下に間接照明を設置し、明るさとラグジュアリーな雰囲気を演出。玄関ホールに隣接するユーティリティはウォークスルー型で、2つの出入り口をアーチにすることで空間にアクセントを添えました。
南西角地を活かして、LDKには採光に優れたコーナーウインドウを採用しています。リビングには畳を敷き、装飾性の高い内装建材・ガウディアや間接照明、5.1 chサラウンドシステムで寛ぎ感を創出しました。
「リビングは日当たりが良く、畳の上で愛猫とお昼寝をするのに最適です。テラスもリビングの延長のような感覚で、庭の緑を眺めながら友人とお茶を楽しんだりしています。」(奥様)

神奈川県 K様邸

木目調のタイルでしつらえたテラス。リビングと高さを揃えて一体感を演出しました。

神奈川県 K様邸

コーナーウインドウから自然光が降り注ぐリビング。「手足を伸ばして寛ぎたい」というご夫妻のご要望で畳を敷き詰めました。外構のタイルテラスを床の高さに合わせることで、部屋の広がりを感じられるよう工夫しています。

神奈川県 K様邸

2つのアーチの出入り口が印象的な玄関横のユーティリティ。

神奈川県 K様邸

お手持ちの絵画と花器のためにしつらえたエコカラットと花器台が、玄関ホールのフォーカルポイントになっています。

神奈川県 K様邸

スムーズな動線でストレスフリーな空間に

以前のお住まいのキッチンは一部が壁付きの対面型で、K様と奥様の動線が干渉するのが悩みのたねでした。
そこで、新しいお住まいではキッチンシンクの周りをぐるりと回遊できるアイランド型を選択。料理を運んだり冷蔵庫から飲み物を取るときなど、お互いにストレスなく行き来できるようになっています。また、キッチンへはリビングと洗面脱衣室から出入りでき、スムーズな回遊動線によって家事の効率もグンと上がったそうです。「キッチンからリビングや庭まで見渡せるオープンな造りなので、料理をしながら主人や猫とコミュニケーションできます。お気に入りの絵画が映えるように設計していただいたので、これらを眺めながらお料理できるのも嬉しいですね。」(奥様)
キッチンの一角に設けた掘り込み式のパントリーは、扉のない下半分を愛猫の自動給餌器置き場に。ご夫妻の動線を妨げず、猫ちゃんもゆっくりと食事ができます。

神奈川県 K様邸

キッチンからテラスまでつながった開放感溢れるLDK。お料理中もお気に入りの絵画を眺められるようにレイアウトされています。オープンキッチンでは、宝石のように美しいと評されるドイツ製の水栓が上質な空気感を演出しています。

神奈川県 K様邸

パントリーの下半分は愛猫の食事スポットになっています。

神奈川県 K様邸

茶色をアクセントカラーにした浴室。ゆったりとしたスペースが確保されています。

神奈川県 K様邸

1階の洗面脱衣室。キッチン側とホール側に出入り口を設けて回遊動線を実現しました。

神奈川県 K様邸

アクセントクロスに吹きガラスの手洗いボウルが映える1階トイレ。

スライドウォールで寝室の一角をサンルームに

2階にあるご夫妻の寝室は、ベッドを中心に2つの縦長窓をシンメトリーに配した落ち着きのある空間。バルコニー側の日当たりの良いスペースは、スライドウォールで仕切るとサンルームとして利用できます。「冬は屋外よりもこちらの方が洗濯物がよく乾きます。快適エアリーのおかげで部屋干しのにおいや湿気も気になりません。」と奥様。また、隣接する書斎とウォークインクロゼットにはあえて扉を設けず、スムーズな出入りと開放感を実現しました。
フォーカルウインドウから自然光が降り注ぐ洋室は、ターコイズブルーの壁紙が印象的。ステンドガラスを施した3つの室内窓は、空間のアクセントとしてはもちろん、隣の階段やホールに光を届ける役割も果たします。「こちらの洋室はソファベッドを置いてゲストルームとして使っています。猫も出入りするので、腰壁には傷や汚れがつきにくいペット専用の壁紙を張ってもらいました。」(奥様)

神奈川県 K様邸

ベッド上の絵画と縦長窓の配置にもこだわった寝室。スライドウォールを閉めると左側のスペースがサンルームになります。ベッドの奥に見えるのがK様の書斎、右側がウォークインクロゼットです。

神奈川県 K様邸

階段にもお気に入りの大きな絵画を飾るため、あえて窓は設けず、洋室のステンドガラスから光を採り込めるようになっています。

神奈川県 K様邸

K様こだわりの書斎。造り付けのカウンターテーブルの下は趣味の小物の収納スペースになっています。

神奈川県 K様邸

寝室に隣接する洋室はゲストルームとして使用。ターコイズブルーの壁紙と同系色のインテリアで統一感を出しました。

ローズベージュ色のエレガントな佇まい

「屋上のある家に住むのが夢だったんです。」とおっしゃるK様。ご友人と屋上でバーベキューを楽しみたいとのご要望を受け、出入り口付近にはアウトドア用品を収納できる棚やコンセントを設置しています。「セキスイハイムの屋上は耐久性が高く、メンテナンスに手間がかからないのが魅力です。」(K様)
玄関へと続くアプローチには、天然石調の大判タイルを使用。ローズベージュ色の外壁タイルとも相まって、エレガントな雰囲気を醸し出します。また、角地のコーナー部分はフェンスと植栽で外部からの視線をカットし、室内からの景観にも圧迫感が出ないよう配慮しました。
「先日、実邸見学に来られた方が『すごく居心地が良いですね』と言ってくださったんです。住み始めて約1年、私たちの感想もその一言に尽きます。理想の家を手に入れて、愛猫と夫婦二人で楽しく穏やかに暮らせそうです。」(K様)

神奈川県 K様邸

外壁には、ご夫妻が実邸見学で一目惚れしたというローズベージュ色のレジデンスタイルを採用。

神奈川県 K様邸

K様のご要望で、バーベキューが楽しめる屋上を設置。夏は花火鑑賞を楽しまれたそうです。

神奈川県 K様邸

庭の植栽で外からの視線を遮り、プライバシーを確保。

間取り図

Report 09 間取り図 Report 09 間取り図