住まい購入その後に

定期点検・アフターメンテナンスの大切さ

住まいは人生の長い時間を過ごす場所。安心して長く快適に住み続けるには、定期的な点検や適切なメンテナンスが必要になります。新築時に見落としがちなメンテナンスの時期・場所・コストと、それを見極めるためのポイントやメンテナンスの重要性について考えてみましょう。

#TAG

  • #
  • #

戸建てこそ定期点検やメンテナンスが大事

マンションと違い、一戸建ての住宅メンテナンス費は見逃されがちかもしれません。マンションでは管理費・修繕積立金等があるのに対し、一戸建ての場合は、定期点検やメンテナンスも自己負担となります。その時期や予算等については、住宅産業協議会「住まいのメンテナンススケジュール」などを参考にするといいかもしれません。将来を見越してメンテナンス費を積み立てておくことも考えておきたいものです。それでは主なポイントごとに見ていきましょう。

屋根

塗装の剥がれやひび割れが発生すると、雨漏りや腐食が起こる原因に。10年に1回は表面塗装やシーリングの交換などメンテナンスが必要といわれています。

外壁

外壁は見た目だけでなく、住まいの防水性能にも大きな役割を持っていますが、風雨や日光にさらされ傷みやすい部分でもあり、10年程度のスパンでメンテナンスが必要といわれています。材質によって修繕の内容は異なり、サイディング外壁では10年に一度の塗り替えとシーリングの点検、30年に1度の張り替えが目安となっています。

水回り

バスルーム・トイレ・キッチンなどの水回りは、設備の経年劣化に合わせ、パーツの交換や入れ替えが必要です。法定点検対象品である給湯器は10年ごとの交換が推奨されています。突然トラブルが発生すると手配等の都合で、必要以上に長く不便を強いられる可能性もあるため、あらかじめ耐用年数などをチェックしておくといいかもしれません。

大規模なメンテナンスを行うサイクルはおよそ10年に1度。外壁や屋根だけでなく、ベランダやバルコニーの防水処理、給排水管のメンテナンスなども同様です。一度に高額な費用がかからないよう、場所ごとに分けてメンテナンスのサイクルを一覧表にしておく等の工夫もおすすめです。 また、半年~1年ごとに各部位をチェックしておくと、万が一トラブルが発生していた場合、早期発見につながります。外壁の継ぎ目にあらわれるひび割れ、塗装の剥がれ、雨樋のつまりなどは、ふだんから意識してチェックしておきたいポイントです。

セキスイハイムはアフターサポートで資産価値を維持

60年・長期サポートシステム

セキスイハイムでは一邸一邸の情報を一元管理しています。そして、長期視点でのプログラムを準備し、ご入居後のメンテナンス履歴を参照しながら、適切なメンテナンス計画をご案内します。引渡しから2年目までの計3回の定期点検と、5年目から60年目までの各5年ごとの定期診断を無償で実施し(※1)、お客様ご自身では気付かない細部まで、プロならではの視点で診断することができます。定期的な確認を続けることにより、不具合が起こりそうな箇所を事前に発見し、劣化が進む前に補修やメンテナンスをおすすめすることが可能になっています。 ※1.実際の点検・診断時期は前後することがあります。また、「定期診断」とは弊社からご案内を行い、お客様のお申し込みにより診断をするシステムです。保証対象以外のメンテナンス工事は有償となります。

メンテナンスの実施については、セキスイハイムの建物を知り尽くしたスタッフが、建物の仕様に合わせた「メンテナンスプログラム」に基づいて必要な作業を行い、住まいの価値を保ち続けます。

定期点検・定期診断の実施スケジュール

住まいに対する困りごとの対応

入居後のサポートは、セキスイハイムグループのアフターサービス専門の部署で担当。新築時のデータを引き継ぎ、スムーズに対応します。

入居後のご相談は、24時間365日いつでもお電話やメールで、お問い合わせいただけます。緊急メンテナンス、困りごとはもちろん、お手入れ方法のアドバイスやリフォーム相談などもお客様センターから連携し、適切な対応を実施します。

その他にもオーナー様専用のWebサイトをご用意し、設備の使い方、お手入れやメンテナンス方法、災害時対応などをご紹介しています。

あとがき

かつては建て替えの目安は40年といわれましたが、適切に維持管理された住まいなら、老後・お子様への贈与の際にも建て替えで悩むことなく、安心して住み続けることができます。そして、住まいのメンテナンスやリフォームは、建てたメーカーによって実施されると、さらに安心できるものです。住宅購入にあたっては、将来を見据え、アフターメンテナンスのサポートまでを含めて比較検討されることをおすすめします。