住まいとお金

新築住宅購入の優遇制度を把握しよう

新築住宅を購入した際には必ず税金などの優遇制度が受けられるもの、と思い込んでいませんか?優遇制度は政策に影響され、長く続いている制度でも期限が終了した後には延長されるかどうかはわかりません。今の優遇制度の特徴と期限をチェックして、タイミングよく優遇を受けたいですね。

#TAG

  • #優遇制度
  • #助成金

住まい購入にかかわる優遇制度には様々なものが

住宅取得に関係する優遇制度は年度ごとに変化します。令和3年度は、<住宅ローン減税><すまい給付金>という二大優遇制度がともに延長されます。さらに<グリーン住宅ポイント制度>という新制度もスタートします。

<住宅ローン減税>は、一定の条件を満たしていれば、住宅ローン残高に応じて一定期間、所得税の還付または控除を受けられる制度です。今回の延長で、新築建売住宅の場合は、2021年11月末までに契約し(新築注文住宅の場合は9月末まで)、2022年12月末までに入居することで対象となります。

また、<すまい給付金>は、消費税を10%に引き上げるにあたって始まった給付金制度で、収入によって支給額が変わります。今回の延長で、2022年12月末までの入居が対象となりました。

新しい<グリーン住宅ポイント制度>は、新型コロナで落ち込んだ景気の回復と環境への配慮を推進することを目的としています。お金ではなく、「新たな日常」や環境などに配慮した商品や追加工事に交換できるポイント(1ポイント1円相当)が付与されるのが特徴です。2021年10月末までの契約が対象で、18歳未満の子どもが3人以上いるなど特例の条件に当てはまると最大100万ポイントを獲得できます。

<新築分譲住宅(持ち家)の優遇制度の要点>

住宅ローン減税※1

控除期間が13年間
年間最大40万円×10年間(拡充あり)
住宅ローンが控除

概 要住宅ローン減税の控除期間13年の措置の継続。適用年の11~13 年目までの各年の控除限度額は、以下のいずれか小さい額。 ・住宅借入金等の年末残高(4,000万円※を限度)×1% ・建物購入価格(4,000万円※を限度)×2/3%(2%÷3年)
※長期優良住宅や低炭素住宅の場合:借入金年末残高の上限 5,000万円、建物購入価格の上限5,000万円。 また、上記の措置が適用となる場合、住宅の床面積要件について、合計所得金額1,000万円以下の方に限り、40m²以上に緩和。

対 象消費税率10%が適用される新築・中古住宅の取得、リフォームに係る契約を以下の期間に締結し、2022年12月末までに入居した方 ・注文住宅の場合 : 2020年10月~2021年9月末 ・その他の場合 : 2020年12月~2021年11月末
※40㎡台は2021年1月~2022年12月末に入居した方

すまい給付金※2

収入に応じて現金を給付(最大50万円)

概 要収入に応じて現金を給付。収入の目安は775万円以下、給付額は最大50万円。

対 象消費税率10%が適用される新築、中古住宅の取得で、2021年12月末までに引渡しを受け、入居した方
※住宅ローン利用/現金取得のいずれの場合も対象 ※住宅ローン減税の契約期間と入居期限の延長、床面積要件の緩和に応じた措置を実施予定

グリーン住宅ポイント※3

最大40万円相当(リフォームは最大30万円相当)のグリーン住宅ポイント
(一定の要件を満たす場合、新築最大100万円相当に引き上げ、既存住宅の購入や賃貸住宅の建設もポイント対象に)

概 要一定の省エネ性能を有する住宅の新築(持家・賃貸)、一定のリフォームや既存住宅の購入を行う場合、商品や一定の追加工事と交換可能なポイントを付与。

対 象一定の住宅の新築(持家・賃貸)・リフォーム、既存住宅の購入で、2020年12月15日から2021年10月末までに契約を締結した方

※すまい給付金、グリーン住宅ポイントを住宅ローン減税と併用する場合、交付額や受贈額を住宅の取得価額等から差し引くことが必要になる場合があります。

詳しくは国土交通省ホームページへ
※1:住宅ローン減税について  ※2:すまい給付金について  ※3:グリーン住宅ポイント制度について

セキスイハイムの高い性能は今の制度に有利に働くことも

セキスイハイムの新築住宅では長期優良住宅が基本仕様となっており、原則どの住まいを選ばれても住宅ローン減税の最大控除額500万円が適用されると共に、<グリーン住宅ポイント制度>の対象となります。

さらに、セキスイハイムではZEH(ゼッチ=ゼロ・エネルギー・ハウス)対応仕様の標準化※4を進めております。

ZEHとは、高い断熱性と先進の省エネ&創エネ&蓄エネ設備を備えた住まいのことです。断熱性能やエネルギー設備の内容によってランク分けがされていて、一般のランクで60万円、省エネ性能がとくにすぐれ、家庭で使用するエネルギーを太陽光発電などでまかなえる「ZEH+(ゼッチプラス)」では105万円の補助金が。また、停電時対応の設備があるレジリエンス住宅は「ZEH+R(ゼッチプラスアール)」、各住宅でつくられる余剰電力を停電時に地域に提供できる「コミュニティZEH」なども。これらは、環境への配慮だけでなく、災害に強い地域づくりをサポートすることにも繋がるため、セキスイハイムは積極的にこの事業に取り組んでいます。 ※4:セキスイハイムのZEHについて詳しくはこちら

住まいがおトクになる制度には、事業者が申請するものと居住者自身がするものがあり、各期限に遅れると対象外になるので要注意です。また、各都道府県や自治体ごとの補助を受けられるケースもあるので、プロにご相談してみてはいかがでしょうか。

あとがき

優遇制度の内容や条件をある程度把握しておくことで、より賢く住まいを購入することができそうです。新型コロナで景気低迷が避けられない今、消費拡大のためにさまざまな手を講じられています。また、国際社会が脱炭素に向かっている中、住宅の省エネ化を推進する補助金制度は今後も継続されるのではないでしょうか。その両方の施策による優遇制度が受けられる今は、環境性能の高い新築戸建住宅を希望する人にはお得なチャンスといえそうですね。