インテリアコーディネートの紹介

セキスイハイムをご契約されたお客様へ

インテリアの楽しさ・大切さ

インテリアの楽しさ・大切さ

住宅は外観の美しさも大切ですが、同様に機能面や実用性も大切です。インテリアに興味がないという方もいらっしゃいますが、居、食、住(食う、寝る、遊ぶ、学ぶ)がどうでもいいという方はまずいません。お客様の好きな事、好きな物を聞かせて下さい。

新しい生活が快適で、心地よい眺めとともに暮らせるように空間の整理整頓(コーディネート)をする事の大切さ楽しみの時間を一緒に共有させて頂ければと思います。

間取りがベースメイクとするならばインテリアは仕上であり、動線・収納・設備などファンデーションを施して、最後にビューラーで美しさに磨きをかける。と言ったところでしょうか。

家具の選択やレイアウト、照明、エアコンの配置、ウインドトリートメントまでトータルにご相談をお伺いします。

インテリアは十人(住人)十色のオリジナリティーの追求が出来るところが楽しさであり、大切なところであると考えます。

東京セキスイハイム株式会社ではインテリアコーディネーターとエクステリア担当が同じフロアにいます。エクステリアと調和の取れたインテリアをご提案いたします。

カラーコーディネート

カラーコーディネート

お住まいにおけるインテリアの大切な要素に『カラーコーディネート』があります。

毎日を楽しく快適にお過ごしいただくために、お住まいの中の色にこだわってみませんか?

色によってお部屋のイメージを簡単に変えることができます!

「リビングを明るく見せたいな」「寝室はホテルみたいな雰囲気にしてみたいな」・・・「でもどんな風にしたらいいだろう?」そんなご質問をよく頂戴します。

照明やカーテン、家具の色でもお住まいの印象は大きく変わります。

照明計画

同じ空間でも、こんなにお部屋の雰囲気がかわる!

昼白色シーリングライトのみの部屋

ポピュラーな照明計画として、お部屋の中心に天井直付け灯を1灯だけ配灯した例です。お部屋全体を均一に照らします。均一すぎてのっぺりとした印象になることも。

同じ空間に間接照明を入れると・・・

コープ証明など間接照明を点灯した部屋

天井直付け灯は使っていませんが、明るく感じられます。そして、シーリングライトのみのときと比べると、ソフトで落ち着いた印象に見えませんか?

なぜ照明計画だけでこんなに雰囲気が変わるのでしょうか。

それは間接照明は光源(光が出ているところ)が見えませんので、眩しくなく、柔らかな光に感じるのです。そして柔らかな光は心を穏やかにしてくれます。

あなたが会社にいるときのことを想像してみてください。事務所で使用する照明は白っぽい色の蛍光灯がほとんどでしょう。そんな照明のもとお仕事をして、疲れて帰ってきて家の中の照明も白っぽい蛍光灯で照らされますと、いつまでたっても体がお仕事モードになってしまいます。

リビングや寝室では暖色のランプで間接照明にしますと、その柔らかな光が眠りに向かって体を準備してくれるのです。

・・・と間接照明のいいところをお話しましたが、子供部屋に間接照明だけでは明るさを確保することはできません。部屋の用途によっては、やはりシーリングライトのように明るさが均一に広がる照明も必要なのです。

あなたも、照明計画でお部屋の雰囲気を変えてみませんか?

動線計画

動線計画

玄関から居間への経路(動き)をシミュレーションしてみましょう。

居間からキッチン、寝室、風呂、トイレ、子供部屋への経路をシミュレーションし、そこから見えて来るスイッチの位置、コンセントの位置、家具の配置やキッチンで使う物の位置を的確に配置していきます。

何気ないことのようですがなかなか難しいことです。

いろいろなことが見えてくると、引き戸が良いか、扉が良いか、開き勝手はどうするか等々も計画していきます。

動線計画

収納計画

収納計画

収納計画とは、どこにどんなものを収納したいかをふまえて、収納場所を確保することです。
お家の間取りを考えるときに、お手持ちのタンスをどこに置くか、クローゼットの大きさはどれくらい必要か、など考えられたと思います。

ところで、今リビングにいらっしゃるかたは周りを見渡してみてください。オフィスにいらっしゃるかたは、机の上をみてください。ペンが出しっぱなしになっていませんか?ダイレクトメールをテーブルの上に置いていませんか?

リビングには、すぐ近くに置いておきたいけど、人に見せたくないものばかりです。
爪切り、耳かき、メモ帳、取り扱い説明書、お子様の学校や幼稚園からのプリント、チラシ・・・
本当にたくさんありますね。

これらを収納する場所が、新しいお家のLDKには確保されているでしょうか?おそらく、そんなことまでまだ考えていない、というかたがほとんどだと思います。住んでみてから考える、というかたもいらっしゃるでしょう。

ですが、「手持ちの家具を置いてみたら、窓にあたってしまった」「物が入りきらなくて、テーブルの上に積まれている」といった悲劇をなくすために、インテリアコーディネーターが間取りや収納したいものに合わせた、収納家具をご提案します。是非ご要望をお聞かせください。

これで、新しいお家のリビングはスッキリ!ですね。

キャビネット正面図

インテリアの予算ってどれくらい?

インテリアの予算ってどれくらい?

家作りにはいろいろな費用がかかります。インテリアにいくらかかるのか気になるところですよね?

一般的に家作りの費用の内、エアコン・照明・カーテン・家具や外構工事などで10~20%くらいかかると言われてます。ただご新居のどこにポイントを持ってくるかで費用の割り振りは変わってきます。

たとえば最近では人気のLEDで照明をプランしたり、家具を造りつけたり、飾り棚を付けたりと・・・様々なご要望をお聞きします。

セキスイハイムではお客様のご要望をお聞きしながらご予算に合わせたお打合せを心がけています。住宅ローンへの組込みもできます。

ぜひご新居への思いをインテリアコーディネーターにお話しください!

セキスイハイムのインテリアコーディネーター